• HOME
  • BLOG
  • DOGS
  • ヴージョの診察日とクッシング症候群について

ヴージョの診察日とクッシング症候群について

土曜日はヴージョの診察日でした。
食事もお水も、食べ方は物凄いのですが(笑)どちらも自分の口から摂取できるので、先生からは『すごいよヴージョ!!』と褒められました。食欲も旺盛ですし、頼もしい限りです。

 

爪切りと肛門腺絞りもしてもらうのですが、どちらもヴージョは嫌いなので『う〜』と唸ったりして嫌々をアピールしたりするのですよ。

 

次はデイジーの番ですが、今日は相談をさせてもらいました。
多飲多尿が気になって仕方ありません。
以前も血液検査や尿検査をしてもらい、正常値だったので大きな病気を疑うことはなかったのですが、多飲多尿になる原因はどこかにあるはず。今回はクッシング症候群の可能性があるかどうかを聞きたかったのです。
というのも、自分で色々と調べているとデイジーの症状がこの病気に重なってしまうのです。
多飲多尿。 散歩に行きたがらない。 お腹が膨らむ。など

散歩に行きたがらないのはヘルニアがあるからかと思っていたし、お腹が出てきたのも運動不足で太ったのかも。そして多飲多尿はそういうコなのだと思ってしまったら、もうここで考えが止まってしまいます。
症状だけ見ていると何かがありそうですよね。

今回も血液検査をしてもらいましたが、どの項目も正常値でした。さらにエコーで確認してもらったら、副腎が少し大きくなっている事がわかったので、クッシング症候群を見極めるための検査をする事に。検査には時間がかかるので、お昼に預け夕方の診察までの間にやって頂きました。

結果は正常値からは少しだけ外れていたのですが、悪いわけでもなくグレーゾーンだそうです。
ただ、多飲多尿の症状が出ているので、薬を飲んで様子を見ることになりました。とても軽い薬だそうです。
2週間分出してもらいデイジーを要観察です。その間に震えなどの症状が出たらすぐに連絡をする様に言われました。
そう聞くとちょっと怖いですが、今のところいつものデイジーです。
昨夜から薬を飲み始めましたが、心なしかお水を飲む回数もオシッコの回数もぐっと減った様に感じます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Copyrighted Image